読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 7分解 防水シールドで覆われていた

多数の発火・異常加熱報告後、米国でリコール対象になった韓国Samsung Electronics製「Galaxy Note7」の既発注者(現行ユーザーおよび予約者)の500万~700万人が米Appleの「iPhone 7」あるいは「iPhone 7 Plus」に乗り換えると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が10月17日(現地時間)に新たなレポートで予測した。米9TO5Macが報じた。 エルメス iphone7ケース 【最大700万人がiPhone 7に乗り換えるという】  SamsungはGalaxy Note7の生産停止も発表しており、購入を検討していたユーザーも別の選択を強いられている。  クオ氏は、Galaxy Note7のユーザーはSamsungブランドへの信頼を失い、iPhone 7 Plusの高機能カメラに惹かれるとしている。 グッチiPhone7ケースGalaxy Note7のユーザーの多くはiPhoneを使った経験があり、特定のメーカーへのロイヤルティが低いという。  Galaxy Note7は8月上旬に、米国など一部の地域で発売された(日本では未発売)。 グッチiPhone7ケースiPhone 7/7 Plusは9月の発売だった。  クオ氏は、Galaxy Note7の発注済み台数は約1200万台で、その約50%がiPhone 7/7 Plusに流れ、残りは中国HuaweiなどのAndroidメーカーに移るとしている。 グッチiPhone7ケースGoogleのオリジナル端末「Pixel」および「Pixel XL」も検討対象になりそうだ。 iPhone 7分解 防水シールドで覆われていたスイッチ類 スマートフォンの修理ツールや修理部品などを販売している米国のベンチャー企業米iFixit(アイフィックスイット)がiPhone 7を分解した。 ルイヴィトンiphone7ケースその様子を紹介する  iPhone 7/7 Plusが発売された2016年9月16日、我々は東京都内某所に集結していた。我々といっても実は、記者は見学のために同席させてもらっただけである。 ルイヴィトンiphone7ケース主役は米iFixit(アイフィックスイット)のメンバーだ。

 シャネルiphoneケース

 シャネルiphoneケース

 シャネルiphoneケース

【関連画像】iPhone 7 Plusを分解するジェフ・ソヴァネン氏  iFixitはスマートフォンの修理ツールや修理部品などを販売している米国のベンチャー企業マイケルコースiphone7ケースiPhoneの新機種が出ると必ず分解してその様子を公開することでも知られている。日本では、彼らの本拠地である米国カリフォルニアよりも、時差の関係で16時間早くiPhoneを入手できる。 シャネルiphone7ケースだれよりも早くiPhone新機種を入手・分解するために日本にやってきた。  それに協力したのが、日経テクノロジーオンライン/日経エレクトロニクス編集。 シャネルiphone7ケース彼ら自身も独自の分析のためにiPhoneを分解する。そこでiFixitの分も含めて新製品を購入して、スタジオを提供することになったのだ。 シャネルiphone7ケース記者はそれを見学しにいったのだった。  アップルストアで購入したiPhone 7/7 Plus、そしてApple Watchがスタジオに到着したのは午前9時すぎ。 グッチiPhone7ケース今回、iFixitの「分解職人」は2人来日していたため、さっそくiPhone 7 PlusとApple Watchに分かれて分解が始まった(Apple Watchの分解の様子は別記事でお届けする予定)。iPhone 7 Plusを担当するのは「イージー・ライター」というユニークな肩書を付けているジェフ・ソヴァネン氏だ。 ルイヴィトンiphone7ケース 分解・修理用に独自のツールを用意  分解に使うのがiFixit独自のツールキット。64種類のドライバーなどが含まれていて69.95米ドルで販売している。 iPhone6 4.7インチ カバーもう一つ、特にスマートフォンの分解に威力を発揮するのがiSclackというツール(24.95米ドル)。吸盤をスマートフォンの両側に貼り付けて、傷をつけずに剥がすのだ。 シャネルiphone7ケースちなみに、きょう体をこじ開けるのに使うツールも、傷を付けないようにプラスチック製になっている。  ジェフは、さすがに手慣れたもので、特に試行錯誤することもなく、きょう体を開けていく。 グッチiPhone7ケース「今買ったばかりの最新機種をこんなにしてもったいない」と、素人の記者は思ってしまったのだが、もちろんそんな感慨もなく、淡々と作業は進行する。  作業は手早いが、それだけでなく丁寧だ。 マイケルコースiphone7ケースカバー激安例えば、外したねじは、ボードの上にどこから外したかを記録して置いていく。彼らが着ているTシャツの背中には「テアダウン(tear down=破壊)」と書いてあるが、彼らの目的は、修理のための情報を得ること。 ルイヴィトンiphone7ケース「今日は調べるのが目的なので、後から組み立て直すことはしないが、本来は分解したら、組み立て直せる」(「ガイドキーパー」のサマンサ・ライオンハート氏)という。  そして、作業が一つ進むごとに、写真を撮っていく。 ルイヴィトンiphone7ケース部品をどこから外したか分かるように、外したものを再びきょう体に入れて撮る。分解そのものよりも、撮影の方が時間がかかるくらいじっくりと時間をかける。 シャネルiphone7ケースカメラはLANケーブルでMacBookに接続されており、1枚写すごとにサマンサが写真を細かくチェックする。ピントが全体にあっているか、写したい部分がちゃんとよく見えているか……。 新品エルメスケースちょっとでも良くないところがあれば撮り直しだ。「これくらい撮れていれば十分じゃないの」と思うレベルの写真がほとんどだが、サマンサは容赦しない。 エルメス iphone7ケース  そして、OKが出た写真はリアルタイムで彼らのサイトにアップされていく。どんどんコメントも書き込まれ、臨場感あるやり取りが交わされる。 マイケルコースiphone7ケース  iPhoneの販売台数は過去2期連続で減少しているが、10月25日に発表予定の第3四半期(7~9月)はともかく、第4四半期にはGalaxy Note7からの乗り換えも追い風となって増加に転じるかもしれない。